ネカマの危険な世界【第4話:もしかしてストーカーですか?】

アイキャッチ4ゲーム

中学~高校~大学までオンラインゲームにハマっていたへちまです。
ファンタシースターユニバース(PSU)でネカマをしていたらストーカーに目を付けられた事件について当時の日記を読みつつ思い出して書きます。

前回のお話はコチラからどうぞ↓

ファンタシースターユニバースの世界へ

ファンタシースターシリーズはSEGAの有名なRPGタイトルです。
完全にSFの世界観で、ビーム兵器的な武器や魔法みたいな技を駆使してモンスターや機械生命体と戦います。
実は、私の初めてのオンラインゲームはファンタシースターオンライン(PSO)という同じシリーズのゲームでした。

すっかりシリーズファンとなっており、PSUのために人生初の自作パソコンに挑戦したほどです。

※PSUは既にサービスを終了しています。
今はファンタシースターオンライン2(PSO2)が基本プレイ無料で遊べます↓

キャラクタークリエイト!

PSUでは自由に自分のキャラクターを作ることができ、4つの種族から好きなものを選びます。
人間(ヒューマン)以外にもエルフ耳のニューマン、獣っぽいビースト、メカっぽいキャストが選べ、好み(性癖)に合わせてキャラクターを作ることができます

へちまが作ったキャラクターはこんな感じです。

ピンク髪はもはやトレードマークですね。
天真爛漫で活発な感じのキャラを目指します。
名前はももグミです。(※実際に使っていた名前ではありません)

あ、もちろん性別は女の子です。
性別を選ぶときにはノータイムで「女性」を選びます。
呼吸をするのにわざわざ意識しないのと一緒ですね。

ネカマは麻薬

最初は見た目がかわいいだとか攻略が楽になるだとかで女キャラにしていただけでした。
でもネカマは一度手を出すとやめられなくなるんですよ。
タバコのニコチン依存症と一緒です。
男キャラを作ろうとすると禁断症状が出て、不安感焦燥感に襲われるようになります。
この経験から私はタバコは絶対吸わないと誓いました。

知らない人との冒険

PSUでは冒険中のパーティに乱入することができます。
必然的に新しい出会いが多くなり、交友関係も広げやすくなります。

知らない人とチャットしながら協力してボスに挑むのは本当に楽しいです。
ミッションをクリアしたら、冒険するフィールドから安全なロビーに戻ります。
冒険中に気が合った人とはそのままチャットでお話したりパートナーカードを交換して友達になったりできます。
本当に素晴らしいゲームです。

しかし乱入というシステムは良いことばかりではありませんでした

乱入してきたビースト男

ゲームを始めて2週間くらいのころ、ソロで遊んでいたももグミのパーティに誰かが乱入してきました
名前はゲルナ(仮名)
ムキムキビースト種族の男キャラでした。

ももグミ
こんにちはー!よろしくです!

ゲルナ
おいかけてきた

ももグミ
(ん?追いかけてきた…?)

言葉の意味はよく分かりませんでしたが、ボスを一人で倒せなくて困っていたので助かります。
力を合わせて何とかボスのドラゴンを倒すことができました

すると…

ゲルナ
ぶきあげる

そう言って特にレアではないけどそこそこ使えそうな武器をくれました。
(ちょっと変だけど良い人かな?)と思い、パートナーカードを交換して友達になりました

しかしこのゲルナという人、とにかくチャットが遅い…。
つぎのみっしょん
もういっこやろう
ブツ切りの平仮名チャットに10秒くらい掛かっています。
とりあえず一緒に遊んで楽しんでくれてはいる様子。
きっとネトゲ初心者と思われるので、突き放すのもかわいそうです
結局かなり長い時間を一緒に遊びました。
チャットも辛抱強く付き合いました

そして、この時はまだあんなことになるとは思っていませんでした

ゲルナの追跡

ピコン!
翌朝、他のパーティに乱入して遊んでいると、このゲームで初めてのメールが届きました!
初メールがもらえてちょっと嬉しいももグミ。
差出人の名はゲルナ

ゲルナももーおはよーこっちおいで

なんだろ…?)と思いつつもミッション中なので返信する暇はありません。
とりあえずミッションを終わらせたところ、フィールドに出た瞬間ゲルナがいました

ゲルナ照れ顔

ゲルナ
ももみつけた

ももグミ
おはよー!メール来てたけどなんだった?ミッション行くのー?

ゲルナ(真顔)

ゲルナ
そこにすわって

PSUではキャラクターに色んな動きをさせることができます
座る」モーションがあるのでやってみました。

ももグミ(はてな顔)

ももグミ
これでいい?

そう言ってももグミが座った直後ゲルナが重なるように座ってきました

重なって座ってきたゲルナ

そして一言。

ゲルナ(かっこつけ顔)

ゲルナ
もうはなさない

ここでようやく察しました。

ももグミ
こいつ…ヤバいヤツだ…!

初日の「おいかけてきた」の時も違和感はありました。
どこかで見かけたももグミを追跡してわざわざパーティに乱入してきたということです。
今日だってミッションの出口で待ち伏せされています。
完全にストーカーです

新たなる刺客!?

突然ゲルナに「離さない」と宣言されたももグミは混乱しています
(なんでこの人は両想い?だと思い込んでいるの!?)
(昨日優しくしすぎた?)
(どう逃げるのが最善?)
などと考えていたところ、今度は突然知らない人が現れました。

???メール呼ばれたから来たんだけど、その子は誰?

ゲルナ(真顔)

ゲルナ
「そういえばよんでた」

えっ何?今度は誰!?

ゲルナの知り合い?
一体何者!?
ももグミは一体何に巻き込まれているの!?

ネカマスキルツリーの確認

ネカマスキルツリーを確認します。
新たなゲームを始めたため、ももグミの中の人の設定はいったんリセットしました。
心機一転ネカマライフをやり直すため、ネカマLvもいったんLv2まで戻します
性格だけは明るいキャラにしようと決めているので、そこだけスキルツリーに反映しておきます。

ネカマスキルツリー
レベル分けはへちまの独断と偏見で決めています。

まとめ

ネトゲ内にもストーカーは存在する!
一応、ブラックリストなどの機能を活用したり、運営に報告したりといった対策はあります。
ただし、個人情報などを漏らしていた場合は大変なことになりうるので気を付けましょう。

第4話 完

というわけで、ストーカーに目を付けられてしまったネカマのお話でした。
最後に現れた謎のキャラクターの正体は…!?

第5話に続く…


ネトゲやネカマを題材にしたアニメはたくさんあります。
興味のある方はAmazon Prime Videoをチェック!

コメント